新潟で木造住宅にお住いの方に向けて|雨漏りを徹底解説!

insta

tel:0120-265-245

営業時間/8:00~18:00日曜定休

メニュー

BLOG住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

2019/08/31

新潟で木造住宅にお住いの方に向けて|雨漏りを徹底解説!
投稿者:菅原 智弘

木造住宅にお住みの方、住みたいと考えている方もいらっしゃると思います。
そこで気になるのが、雨漏りですよね。
「台風が来た時や大雨が降ると雨漏りする」
「木造住宅は雨漏りしそうで心配」
今回は、このようなお悩みを解決します。
雨漏りする原因と予防する対策についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□木造住宅が雨漏りする原因とは?

雨漏りする原因箇所として、屋根が考えられます。
屋根瓦や止め釘、屋根材に不備があると雨漏りをする可能性があります。
しかし、屋根だけが原因ではありません。
外壁や窓から雨漏りする可能性もあります。
本来、外壁はサイディングやレンガ、塗装で防水されています。
それらの外壁材が老朽化すると防水効果が弱まるでしょう。
また窓は普段から開け閉めするため、摩擦により隙間ができることで雨漏りが発生します。
このように、雨漏りの原因は住宅の老朽化が多いでしょう。
台風などの自然災害も雨漏りの原因となる場合があります。
木造住宅は雨や湿気に弱いので、被害が出たら早急に対応しましょう。

□雨漏りを予防する対策法

雨漏りを防ぐには、徹底した予防が重要です。
予防として効果的な対策を2つご紹介します。

*セルフチェック

天井からの雨漏りを防ぐために、以下の項目をチェックしましょう。

・天井にシミや変色している部分はないか
・天井に近い部分にカビはないか
・カビ独特の臭いがないか

外壁は以下の項目を確認しましょう。

・外壁にヒビ割れがないか
・壁にシミや変色している部分はないか
・サッシの周辺に水滴がないか
・塗装が剝がれている部分はないか

*定期点検

セルフチェックが難しい屋根は、5年に1度を目安に専門業者の定期検診を受けましょう。
豪雨や暴風、大雪といった災害の後には点検を受けることをおすすめします。
火災保険には、風災や雪災による不具合を補償の対象としていることが多いでしょう。
雨漏りの診断や修理は、経験と技術を必要とされます。
継続して任せられる業者を探すことをおすすめします。

□まとめ

今回は、新潟にお住いの方に向けて、雨漏りする原因と予防する対策を紹介しました。
この記事を参考に、雨漏りを対処してみてください。
当社では、小さな修繕から大規模なリノベーションまで行っています。
当社の職員がしっかり施工管理を行うので、最初から最後までワンストップでご対応します。
お客様のより良い暮らしを支える地域の公務店としてご提案いたします。
地元に根付いた会社ならではのサポートを徹底しています。
ちょっとした不具合やお悩み、疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

株式会社大滝工務店 〒950-0892 新潟市東区寺山2丁目11番5号
TEL:025-275-0265 FAX:025-275-0304 > 会社概要 > アクセス

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

イベント情報

上に戻る