新潟で注文住宅をお考えの方必見!内装のデザインを素敵にする方法について紹介します!

insta

tel:0120-265-245

営業時間/8:00~18:00日曜定休

メニュー

BLOG住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

2021/04/09

新潟で注文住宅をお考えの方必見!内装のデザインを素敵にする方法について紹介します!
投稿者:菅原 智弘

注文住宅を考えるうえで最も時間とアイデアを使うのが、内装デザインではないでしょうか。
将来にわたって生活していくスペースであるため、理想の空間に仕上げたいですよね。
しかし、どうやってデザインすれば良いかわからないとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
今回は、内装を素敵にする方法について解説します。

□内装のデザインでよくある失敗事例

内装のデザインの良し悪しは、人の価値観に左右されるためさまざまです。
まずはよくある失敗事例を参考にして、「気をつけたほうが良いこと」を押さえておきましょう。

まず、意外とデザインするうえで見落としがちになってしまうのが、コンセントの配置です。
室内のコンセント数が足りなかったり、位置が悪かったりすることで、思うように家具や家電を部屋の中に配置できなくなってしまうことがあります。
また、家中が延長コードだらけになってしまって、たこ足配線の部屋に仕上がるかもしれません。
こういったことを避けるために、コンセントの数やそれらを配置する場所について、間取りを決める段階で把握して決定しておいてください。

次に注意してほしいのは、部屋の出入り口の広さです。
気に入った家具などを購入したのは良いものの、部屋の出入り口を狭くつくり過ぎてしまったがゆえに、中に運び込むことができないことがあります。
もし使いたい家具をあらかじめ決めているのであれば、それに合わせて出入口のデザインをしたほうが良いでしょう。

また、各部屋のスペース配分にも注意をしてください。
例えば、収納スペースはたくさんあったほうが良いと思ってたくさんつくってみたものの、自分たちの生活スペースが逆に狭くなってしまい、さらには収納もそこまで使わなかった例があります。
本当に必要なスペースかどうかをしっかり家族と検討したうえで、間取りや内装をデザインするにしましょう。

内装のデザインに関して一番よくある失敗事例が、仕上がりの壁色がサンプルで想像していたものと違ったことです。
サンプルなどを見て選んだのに、いざできあがった壁を見ると、イメージと違っていることがあります。
使われている照明加減などで見え方は大きく変わってきてしまうので、その点を考慮して検討する段階でしっかりと確認するようにしておきましょう。
専門家の方のアドバイスも受けて、照明と合わせるとどういった色合いやデザインになるかをチェックすることが大切です。

□内装を決める時の注意点

内装を実際に決めていく時に注意していただきたいことがいくつかあります。
ここでは、その注意するポイントについて解説していきます。

*イメージを決めてから壁材や床材を選ぶ

壁材や床材によって、その特性や性質上、見た目の雰囲気は大きく変わります。
部屋の雰囲気を左右する重要なことなので、理想の部屋のイメージをしっかりと持ったうえで、それに合わせて選択するようにしましょう。

まず壁材ですが、部屋の雰囲気だけではなく、コストやメンテナンス性にも配慮する必要があります。
例えば、クロス材は安くて工期も短くすみますが、日本で昔から使用されている塗り壁はメンテナンスがしづらいというデメリットがあります。
タイル素材などもデザイン性が高くて、耐久性も良い反面、コストが他のものよりも高くなってしまいます。

床材についても、しっかりと決めましょう。
フローリングにするとしても、肌触りが良くて保湿性に優れた無垢材を使用するか、メンテナンスのしやすい複合フローリングにするかは、床材を決めるうえで重要なポイントでしょう。
つまり、あらゆる生活場面を想像して決めていく必要があります。

*キッチンの内装選びには制限がある

内装選びは基本的には自由にできますが、キッチンには制限があります。
キッチン周りは火気使用室と規定されるため、コンロ回りを中心とした内装材には燃えにくい素材を使用しなくてはいけないという制限があります。
キッチンの内装を決める時は、使用したい内装材がキッチンの安全基準に適合するものかどうかについて専門家に相談するようにしてください。

*家電や家具の配置は事前にしっかり決める

先述しましたが、家電や家具の配置を決めるということは、コンセントをどのように配置するかに関わってきます。
今住んでいるところから家具や家電を運び入れる場合は、そういったものをどこに配置するかをしっかりと事前に検討するようにしましょう。
その際に、コンセントの配線計画もあわせて行うようにしてください。
せっかくデザインした部屋も、家具や家電、そしてコンセントの配置のアンバランスによって良さが失われてしまうかもしれません。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、内装のデザインを素敵にする方法について解説しました。
上記の失敗例や注意するポイントを参考にして、素敵な自宅をつくってみてください。
また、新潟で注文住宅を検討中の方は、ぜひ当社にご相談ください。

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

株式会社大滝工務店 〒950-0892 新潟市東区寺山2丁目11番5号
TEL:025-275-0265 FAX:025-275-0304 > 会社概要 > アクセス

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

イベント情報

上に戻る