新潟で注文住宅をお考えの方必見!後悔しないためのポイントについて解説します!

insta

tel:0120-265-245

営業時間/8:00~18:00日曜定休

メニュー

BLOG住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

2021/03/12

新潟で注文住宅をお考えの方必見!後悔しないためのポイントについて解説します!
投稿者:菅原 智弘

現在新潟にお住いで注文住宅を考えていて、自然素材にこだわって家を建ててみたいとお思いの方はいらっしゃいませんか。
今回はそのような方に向けて、注文住宅で後悔しないためのポイントについて解説します。

□間取りの良くある失敗例

注文住宅は家族構成を考慮して自由に間取りを考えられます。
しかし、十分に検討したような間取りでも家具や生活用品を置いてみると想像していたものとは違ってしまうような場合もあるでしょう。
ここではそういった良く起こりがちな失敗例について紹介します。

例えば、寝室を6帖にしたがダブルベッドを置くことによって部屋が狭くなってしまうようなことは良くあります。
逆も然りで、広々間取りを取りすぎてしまいかえって落ち着かないといった失敗例もあるので、家族と良く相談してちょうど良い広さを考えてください。

収納に関しても失敗は良くあることです。
モノを実際に入れてみると収納スペースは全く足りなくて、部屋が片付かないということもあります。
例えば、玄関などは靴の収納をメインに考えがちですが、お子さんがいらっしゃるご家庭であればベビーカーなどを収納できるスペースはあったほうが便利でしょう。

また、キッチンは調理用品や食器の収納だけでなく、家族が多くなればなるほど飲料品や食品の保管スペースが必要になるでしょう。
そういった将来の家族計画にあわせて収納スペースには少し余裕を持たせておくほうが良いでしょう。

コンセントや配線計画もしっかり行うようにしましょう。
コンセントの数が足りないことにより、家電を置きたい場所に置けないこともあります。
コンセントや配線を適当に決めてしまい、部屋の模様替えが思うようにできないといったことも良くあります。
配線計画は置く予定の家電などをしっかりと考慮した上で考えるようにしましょう。

配線計画ももちろんですが、生活動線もしっかりと構築する必要があります。
洗濯機と物干しスペースを遠い距離においてしまうと、かなり家事に時間がかかるような生活動線になってしまうので気を付けましょう。

日本は隣の家との距離が近くなる傾向になります。
例えば、窓を見ると隣の人と目があってしまうようなことも考えられます。
そういった気まずい状況を作らないためにも、周囲の視線が入らないような窓の配置・高さや位置を考えておくようにしましょう。

□土地・立地で良くある失敗例

下見の時には周囲環境は比較的静かで良いと思っていたけど、実際に家を建設して住んでみると平日朝は通行人が多くてうるさく、近所の人の抜け道になってしまうようなことも多々報告されます。
同じ土地でも、曜日や時間によって環境は大きく変わるものなので注意してください。
そのためにも、下見は何回かにわけて条件を変えて行う方が良いでしょう。

また、良くある事例として、買った土地に家を建てるまでに更なる追加費用や時間が必要になる場合があります。
家を建てるために盛土が必要になったり古屋の取り壊しが必要になって、砂利道は自分で整備してください、といった当初想定していなような追加費用がかかる場合です。

既にガス・水道・排水機能が整っていて隣との境界線にもブロックや塀が設置済みで、といったような土地はかなり好条件でほとんどの場合は何かしらの事前整備や周辺整備が必要になってしまう可能性が高いです。
土地は唯一無二の買い物なので、候補地のプラスとマイナスをちゃんと把握した上で選ぶようにしてください。
もちろん、そういった失敗例として扱われるような土地はその分価格が安くなっている場合があるので、その点を含めて自分にとって最適な土地を選びましょう。

□注文住宅で後悔しないために気を付けるポイント

可変性のある間取りにしましょう。
造り付けの家具などを設置してしまうと、リフォームしない限りはずっと同じ位置で使い続けることになってしまいます。
そういったことを防ぐためにも、特に子供部屋などでは可変性を持たせるようにしてください。
子供が小さいうちはその間取りや広さで余裕のあった部屋が、成長とともにゆとりがなくなって狭くなってしまい、子供用のスペースがなくなってしまうかもしれません。

買い物してきた食料や日用品を運び入れるのに、収納スペースまでかなり距離があるといった間取りはかなり生活にストレスを与えるようになってしまう可能性があります。
動線はシンプルにして、何を最優先にするのかしっかりと意識して間取りを計画するようにしましょう。

子供部屋は最低6帖あって欲しい、や、キッチンは対面型などの自分の中で常識となっている情報を今一度見直してみてください。
そうすることにより、新たなデザインやアイデアが生まれて、より生活を快適にしてくれるでしょう。
見た目や流行にとらわれ過ぎないことも重要でそれにこだわり過ぎるがあまり、生活の快適性が失われる可能性もあるため注意しましょう。

最後は収納スペースです。
上述していますが、収納スペースが多いと部屋が広く見えて綺麗に見えます。
もちろんモノを増やさなければ良いのですが、家族が多いと必要最低限のモノしか持っていなくても、量が多くなってしまいます。
そういったモノをしっかりと収納できるようにスペースはしっかりと確保するようにしましょう。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方にむけて、後悔しないためのポイントについて解説しました。
上記をぜひ参考にしてみてください。

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

株式会社大滝工務店 〒950-0892 新潟市東区寺山2丁目11番5号
TEL:025-275-0265 FAX:025-275-0304 > 会社概要 > アクセス

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

イベント情報

上に戻る