新潟で注文住宅をお考えの方へ!屋根を選ぶ際のポイントについて解説します!

insta

tel:0120-265-245

営業時間/8:00~18:00日曜定休

メニュー

BLOG住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

2021/05/19

新潟で注文住宅をお考えの方へ!屋根を選ぶ際のポイントについて解説します!
投稿者:菅原 智弘

「屋根は外観の印象を決めると聞くけど、どのように選べば良いのだろう」
新潟にお住まいの注文住宅をお考えの方で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、屋根を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

□屋根の形状の種類とは

あまり広く認知されていませんが、実は屋根にはたくさんの種類があります。
今回は、日本の住宅で使用されている代表的な屋根をご紹介します。
それぞれの特徴を押さえて、理想的な屋根を選びましょう。

日本で最も普及しているのが切妻屋根で、屋根と言ったらこの形を思い浮かべる方が多いでしょう。
2枚の傾斜面が頂上部で合わさり、本を開いて伏せたような形状です。
切妻屋根は雨をスムーズに排水でき、また雪の落下地点も予測しやすいため、積雪が多い新潟の住宅にはぴったりの形状です。
構造がシンプルなので、屋根全体でかかる費用が安く、メンテナンスも気軽に行えるでしょう。

次は、4方向の傾斜面が頂上部で合わさっている寄棟屋根です。
切妻屋根と形状が似ていますが、4方向に傾斜面があるため、その分日差しや雨の影響を和らげます。
耐久性に優れているので、台風によって屋根が吹き飛んでしまうといった心配が必要なく、雨量や雪量もうまく分散できるでしょう。
切妻屋根と比較すると継ぎ目が多くなるので、建設にかかる費用やメンテナンス費用が少し高くなる傾向があります。

最後は、一方向にのみ傾斜がついている片流れ屋根です。
モダンで洗練された印象があり、デザイン性が高いため、近年とても人気のある形状です。
雪の落下する場所が片側だけしかないので、雪に関するリスクを少なくできるでしょう。
また、太陽光発電パネルの設置にも適しており、月々の電気代を節約したいという方にはぴったりですね。

今回は、代表的な3種類の屋根を紹介しましたが、この他にも入母屋屋根や陸屋根などがあります。
見た目だけでなく、利便性やコスト面にも配慮して屋根を選びましょう。

□屋根材の特徴とは

屋根の形状を紹介したところで、次は屋根材について解説します。
屋根は形だけでなく材料も重要なので、ぜひ参考にしてください。

*化粧スレート屋根

化粧スレート屋根は、セメントと繊維を混ぜて作られ、日本の住宅では特に人気があります。
選べる色の数は豊富で、好みに合わせてさまざまな色を選べるでしょう。
また、他の屋根に比べて価格は低く、屋根にあまりお金をかけたくないという方におすすめです。

一方で、セメントを強化したような素材なので、台風で物が飛んできた際には割れてしまう可能性があります。
また性質上、定期的な塗り替えが必要です。
コスト面とメンテナンス面を考慮して、選ぶようにしましょう。

*金属板屋根

金属板屋根と言えば、昔のトタン屋根のイメージがあるかもしれませんが、現在ではガルバリウム鋼板の屋根が主流になっています。
ガルバリウム鋼板は非常に耐久性が高く、台風や地震の時でも安心です。
また、デザインの自由度が高いというメリットもあり、外観にこだわりたいという方にぴったりでしょう。

しかし、表面に傷がつくと錆の原因になるため、定期的な点検が必要です。
特に海沿いにお住まいの方は、錆が広がる前に張り替えることをおすすめしますさらに。
また、金属なので雨音が気になり、ぐっすり眠れないというケースもあります。
物音に敏感だという方は、屋根の断熱材を厚くするなどの対策を取りましょう。

*瓦屋根

瓦屋根は昔から高級屋根材として使われてきました。
日本の和瓦はもちろんのこと、今日では洋風の住宅でも瓦屋根を選べます。
瓦屋根の最大のメリットは、定期的なメンテナンスが不要で、寿命が長いことでしょう。
また、瓦独特の重厚感や高級感を演出できる点も魅力です。

瓦は非常に重いため、耐震性が心配という方は多いはずです。
しかし、建築技術の進歩により耐震性は格段に高まっています。
屋根材として、瓦屋根は比較的高価なので、まずは屋根にどのくらいの費用をかけるのかを考えましょう。

□屋根を選ぶ際のポイントとは

ここからは、屋根を選ぶ際に注目すべきポイントについて解説します。
まず大切なことは、長年にわたり雨風の過酷な状況に耐えられる耐久性です。
新潟では雨だけでなく雪もたくさん降るため、積雪に耐えられるかどうかも確認しましょう。
また、耐久性だけでなく、たくさん雨や雪が降っても雨漏りしない防水性も大切です。

太陽の光を遮り、人や家具などを暑さから守ってくれるのも屋根の重要な役割です。
遮熱性と断熱性に優れていると、暑い夏には室温の上昇を抑え、エラコンや扇風機の電気代も節約できます。
さらに、外部の音を遮断する防音性にも注目しましょう。
特に、交通量が多い道路や線路の近くにお住まいの方は、室内に音を響かせない屋根を選びましょう。

加えて、地震大国と呼ばれる日本では耐震性も重要です。
大きい地震が発生しても家族を守ってくれる耐震性の高い屋根を設置しましょう。
この他にも、価格やデザイン、メンテナンス性などに着目すると、理想的な屋根を選べるはずです。

屋根を選ぶ際は、ぜひ上記のポイントを参考にしてみてください。

□まとめ

今回の記事では、屋根の種類と選ぶ際のポイントについて解説しました。
屋根の選び方についてご理解いただけたでしょうか。
当社では、住宅を建てるだけでなく建築後も手厚くサポートします。
新潟在住で注文住宅を検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

株式会社大滝工務店 〒950-0892 新潟市東区寺山2丁目11番5号
TEL:025-275-0265 FAX:025-275-0304 > 会社概要 > アクセス

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

イベント情報

上に戻る