【固定金利】VS【変動金利】

insta

tel:0120-265-245

営業時間/8:00~18:00日曜定休

メニュー

BLOG住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

住宅アドバイザー菅原の住宅ブログ

2019/03/11

【固定金利】VS【変動金利】
投稿者:菅原 智弘

大滝工務店の動画 公開中!

こんにちは!

大滝工務店です。

最近私の親友から『マイホームを建てたい!』

という相談を受けました。

私としてもすごい嬉しい話だったのですが、

一緒に住宅ローン関連の相談も受けまして。

内心私は思いました。

「やべっ。全然答えられねぇ。」

設計や間取りの相談はもちろん対応できるのですが、

今回の友達のように住宅ローンの相談をされるお客様も

この先いらっしゃるかもしれません。

それじゃマズい!と思いまして

最近住宅ローンの勉強を始めました!

というのも私自身マイホームを持っているわけではなく

住宅ローンとは全くの無縁で、ほぼ無知に近い感じです・・・。

宅建の勉強で少しかじった程度でしょうか。

そして住宅ローンを調べていくうちに

ある問題にたどり着きました。

【固定金利】VS【変動金利】問題です。

金利とは、ローンの利子・利息のことです。

ローンの返済期間の間、

固定された金額の利子を払っていくか、

金利変動によって上下変化する利子を払っていくか

どちらのプランのローンで組むかの問題です。

これ凄く重大です。

お客様に合わない金利プランを選択してしまうと

何百万もの利子による差が生れるかもしれません。

住宅費用の元金を払う分には仕方ないですけど、

ローンを組んだ利子って1円でも多く払いたくないですよね。

それでは変動と固定それぞれの特徴について

浅めにご紹介します。

深く突かれると訳が分からなくなってしまうので。(笑)

変動金利型は先述したとおり

金利の変動によってローンの利子が変化するプランです。

金利が下がれば、利子が少なくなるので

総支払額も少なくなります(得になる)。

金利が上がれば、利子が多くなるので

総支払額も多くなります(損になる)。

ここが難しいところですよね。

この先将来、金利が100%上がらないことが分かれば

変動金利型で良いと思います。

しかし、未来の事実なんて誰にも分かりません。

もし日本の経済に大きな変化があって、金利が爆上げになったら・・・。

考えただけでゾッとしてしまいます。

リスクの大きいプランになりますが、

固定金利型より金利(%)が低く設定されています。

この金利の低さが選ばれやすい理由になっています。

一方の固定金利型。

実際には固定金利型の中にも

普通の固定金利型と全期間固定金利型の2種類あるのですが

今回は全期間固定金利型で説明します。

全期間固定金利型は住宅ローン返済期間の間は

金利の変動に関わらず、一定の金利(%)を払い続けるプランです。

フラット35とかそのタイプになります。

固定金利型のメリットはやっぱり安心感でしょう。

金利変動に左右されないので、一定額の返済を

行っていけばいいわけです。

そして、一定額の返済ということは

将来的な家計プランを考えやすくしてくれます。

総支払額も決まってくるので、

ローンの返済は残りいくらなのかなどの計算も

すぐに分かりますね!

変動金利型の場合は、元金はもちろん一緒の金額ですが

金利が変動する → 利息金が変化する → 総支払額が変化する

ということが起こりますので

将来的なプランは大変考えづらくなってしまいます・・・。

固定金利型はメリットしかないじゃん!と思いますが、

固定金利型は変動金利型より金利(%)が高く設定されています。

考え方で言えば

安心料を金利で取られているイメージでしょうか。

どちらのプランもメリット、デメリットはあります。

うーん・・・難しいですね。

実際にはどちらの方が採用されているのかというと

本当に五分五分くらいなのです。

若干 変動金利型が多いかな、という感じです。

ただ単に金利が低いから選ばれやすいのでしょう。

正解があるわけではありません。

未来が分かるわけでもありません。

私なりに選び方の考えはあるのですが、

住宅ローンアドバイザーの資格があるわけでもないので

ここでは割愛させてもらいます・・・。

念願のマイホームですので、その住宅ローンの返済が

ライフプランを圧迫するようなことにならないように

各ご家庭に合った金利プランを選択されるよう、お願い致します。

それでは!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

株式会社大滝工務店 〒950-0892 新潟市東区寺山2丁目11番5号
TEL:025-275-0265 FAX:025-275-0304 > 会社概要 > アクセス

お気軽にご相談・お問い合わせください!

0120-265-245

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

イベント情報

上に戻る